Site Map
映画とCafeとスペイン語-CCE

映画とCaféでSpanish Time

〜スペインを楽しみながらスペイン語を学ぶ〜
Homeメルマガ>バックナンバー Vol.2

メルマガバックナンバー

Vol.2−マヌエラと息子エステバンの親子の会話続き

第2回目−マヌエラの家
マヌエラがエステバンの部屋を訪れる場面。
()内は字幕です。

マヌエラがエステバンの部屋のドアをノックする。
E: Si?
 (字幕なし)
M: Feliz cumpleaños!
 (誕生祝よ)
E: Ya?
 (もう?)
M: Son las doce, mi vida.
 (0時を過ぎたわ) 
E: "Música para cameleones".
 (カメレオンのための音楽)
E: Cómo sabías que lo quería?
 (カポーティだ)
M: Porque se que te gusta Capotte.
 (好きでしょ)
E: Léeme algo, como cuando era pequeño.
 (読んで聞かせて)
M: Empece a escribir cuando tenia 8 años.
 (8歳で執筆を始めた)


バックナンバー

Vol.1
Vol.2
Vol.3
Vol.4
Vol.5
Vol.6
Vol.7



ポイント

冠詞
Ser動詞&Estar動詞
代名詞−目的語
Gustar構文
命令形
現在進行
現在完了
過去1−点過去
過去2−線過去
Hacer動詞
再帰動詞

[説明]
 Si?(読み:シ?)
 直訳:はい?

 Feliz cumpleaños!(読み:フェリス クムプレアニョス)
 直訳:ハッピーバースデイ!
 feliz=happy、cumpleaños=birthdayで、誕生日おめでとう、ハッピーバースデイ!と
 いう意味です。
 cumpleañosはsが紛らわしいですが単数形ですので、felizも単数形です。
 他にHappy New YearはFeliz año nuevo!といいます。
 
 Ya?(読み:ヤ?)
 ya=alreadyで、もう?既に?と聞いています。
 英語と同様、現在完了型と一緒によく使います。
 例)Tienes que hacer los deberes antes de cenar.
   (夕食の前に宿題をしなくちゃだめよ)
   Los he terminado ya.
   (もう終わったよ)

 Son las doce, mi vida.(読み:ソン ラス ドセ ミ ビダ)
 (Ser=be動詞)
 直訳:12時よ、私の愛しい子。
 mi vidaとは直訳すると私の人生と言う意味で、英語でいうmy darling, my dearにあたり、
 愛しい人、大切な人という意味で使います。

 英語では時刻はIt's 1 o'clock、It's 12 o'clockのようにいつでも単数形を使いますが、
 スペイン語では1時以外はbe動詞にあたるSer動詞が複数形になります。
 例を見てみましょう。
 Es la una en punto.(1時ちょうど)
 Es la una y media.(1時半)
 Son las dos y cuarto.(2時15分)
 Son las cuatro menos cuarto.(4時15分前)
 Son las doce y veinticinco minutos.(12時25分)

 Música para cameleones(読み:ムジカ パラ カメレオネス)
   (para=for)
 マヌエラからのプレゼントである本の題名で、その通りカメレオンのための音楽です。
 paraは英語のforにあたり、あなたのため(=para ti)、私のため(=para mi) のように
 使います。
 また、Estudio español para comunicarme con los españoles. のように、
 〜をするためにと言いたい時、このpara+動詞の原型を使います。

 Cómo sabías que (yo) lo quería?(読み:コモ サビアス ケ ロ ケリア?)
   (saber=know)   (querer=want)
 直訳:どうやって僕がそれを欲しがってたことを知ったの?
 英語で言うとHow did you know that I wanted it?で、saber(知る)もquerer(欲する)も
 線過去になっています。今日のポイントでこの線過去については説明します。
 Cómo sabías queでque以下についてどうやって知った?という疑問文。(cómo=how)
 では何を知っていたかというと、lo queríaで、主語が省略されていますが、
 「僕がそれを欲しがっていた」ことになります。
 ここで、注意しなければいけないのは、英語と違って目的語であるlo(=it)が動詞の前に
 置かれている点です。
 スペイン語では、今回のように固有名詞ではなく、代名詞(lo,la,los,las,me,te,le等)が
 目的語になった場合は、動詞の前に持ってこなければなりません。
 例を見てみましょう。
 He encontrado un bolso rojo en la tienda.(お店で赤いバックをみつけた)
 Lo quiero. (私はそれが欲しい)
 Mi mamá me ha comprado una bicicleta. (ママが私に自転車を買ってくれた)
 La quería.(私はそれが欲しかった)
 Mi mamá ha comprado un libro a mi hermano.(ママは私の弟に本を買った)
 Él no lo quería.(彼はそれを欲しがってなかった)
 Yaの例文も同様ですので見てみてください。
 
 Porque (yo) se que te gusta Capotte.(読み:ポルケ セ ケ テ グスタ カポーテ)
    (saber=know)(gustar=like)
 直訳:だって、私はあなたがカポーテを好きだって知ってるもの。
 Porque=because、se que=know thatでque以下を知っているという同様の文です。
 今回のque以下はte gusta Capotteであなたはカポーテが好き。
 gustarについてもポイントを見てください。

 Léeme algo, como cuando (yo) era pequeño.
 (Leer=read) (Ser=be動詞).
 (読み:レエメ アルゴ コモ クアンド エラ ペケーニョ)
 直訳:僕が小さかった頃みたいに何か僕に読んで
 Léeme=Leerの命令形+me(僕に)で、algo=somethingなので、何か僕に読んで。
 como=like、cuando=whenで、僕が小さかった(pequeño)頃のように。
 命令型についてはポイントを見てくださいね。
 
 (Yo)Empece a escribir cuando (yo)tenia 8 años.
 (empezar=start)   (tener=have)
 (読み:エンペセ ア エスクリビール クアンド テニア オチョ アニョス)
 直訳:8歳のときに、書き始めた。
 Empezar + a + 動詞で〜することを始める。cuando=whenなので、〜の時に。
 スペイン語では、何歳というとき、haveにあたるtenerを使います。
 例)(Yo) tengo 25 años.(私は25歳です。)
   Mi hermano tiene 20 años.(私の弟は20歳です。)
   Cuántos años tienes?(あなたは何歳ですか?)
   (cuánto=how many, how much)

 最後に先週の残り-erの現在活用をおさらいして、今週はさよならです。
 

yoél,ella,ustednosotrosvosotrosellos,ellas,ustedes
comer
(eat,食べる)
com-o,com-es,com-e,com-emos,com-éis,com-en
今回はどうでしたか?
少し文法が多かったので、分かりにくかったのではと心配しています。
一度に全部分かる必要はないので、時間があるときスペイン語を何回かさらっと流し読んでもらえたらと思います。
↑上に戻る
                                  

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO