Site Map
映画とCafeとスペイン語-CCE

映画とCaféでSpanish Time

〜スペインを楽しみながらスペイン語を学ぶ〜
Home覚えたいフレーズ>説明
説明

説明

(Tu') Sabías lo de Meiko?

(読み:サビアス ロ デ メイコ)
英語でいうとDid you know that about Meiko?という感じでしょうか。
saber(=know)の線過去です。
Did you know about her?と言いたかったら、Sabías sobre Meiko?ということもできますが、ここではあること(先生とつきあっていること)について聞きたいので、lo de Meikoとなっています。

Meiko y el profe salen juntos!

(読み:メイコ イ エル プロフェ サレン フントス)
el profeはel profesor(女性の場合はla profesora)の略で、先生という意味です。
salir=leave, go out, exsitで離れる、出て行くという意味で、salir funtosになると付き合っているという意味になります。

No... Imposible...

(読み:ノ インポッシブレ)
英語と一緒ですね。impossibleはスペイン語ではimposible、possibleはposibleです。

Es verdad!

(読み:エス ベルダッドゥ)
実際の発音はベルダッって感じに聞こえると思います。verdad=truethで、本当という意味です。
really?と聞きたいときもverdad?と使えます。

Un padre que vive por ahí cerca la vio salir de su piso.

(読み:ウン パドレ ケ ビベ ポル アイ セルカ ラ ビオ サリール デ ス ピソ)
英語で言うと、A father who lives around there near saw her leaving from his flat.という感じです。
Un padre la vio salir de su piso.とUn padre vive por ahí cercaをqueでくっつけて、一つの文にしています。 英語の関係代名詞にあたるthat、who、whichはスペイン語ではqueとなります。queはどんな時も省略してはいけません。 la vioのlaはメイコのことですね。目的格代名詞なので、動詞の前に来ています。vioはver(=see)の点過去です。

(Yo) te echo de menos.

(読み:テ エチョ デ メノス)
英語でいうI miss youで、スペイン語でこのmissは、echar de menosという、長い熟語になります。
ここでは、目的語である"あなた"が代名詞の"te"なので、 動詞の前に来ています。
もし、代名詞ではなくて、私の彼(mi novio/a)とか、MonicaやPedroのように名前を持ってくる場合は、
(Yo) echo de menos a mi novio.
のように、前置詞の a + 名詞とします。
使える表現なので、ぜひ覚えてくださいね。

Hoy (yo) siento que (yo) te pierdo más.

(読み:オイ シエント ケ テ ピエルド マス)
hoyは英語でいうtodayで今日という意味。
sentirは感じる(feel)、 queはthat、siento queで、私はthat以下を感じるとなります。
perdirは英語のloseにあたり失うと言う意味で、te pierdoで、あなたを失うという風になります。
másは英語で言うmoreで、もっとと言う意味です。ちょっと切ないフレーズですね。
perdirは不規則変化なので、変化を見てみましょう。

yo pierd-o, tú pierd-es, él, ella pierd-e,  nosotros perd-emos, vosotros perd-éis, ellos pierd-en

yo sient-o, tú sient-es, él, ella sient-e,  nosotros sent-imos, vosotros sent-ís, ellos sient-en

Ahora (yo) estoy en camino de mi casa.

(読み:アオラ エストイ エン カミノ デ ミ カサ)
これは、英語でいうI'm on my way homeです。
ahoraは英語でnow、caminoはroad, wayで、 estar en camino de〜=be on one's way〜となり、〜へ向かう途中という意味です。
こういうのを見ると、スペイン語と英語って通じるものが多いなあと思います。
こんな感じで使います。
Martaに恋人のXaviから電話がかかってきます。
X: Hola Marta! (ハーイ、マルタ)
M: Hola Xavi! (ハーイ、チャビ)
X: Ahora qué estás haciendo? (今、何してる?)
M: Ahora estoy en camino de mi casa. (今、家に帰ってるとこ)
X: Pues puedes llamarme cuando llegues a tu casa? (じゃあ、家に着いたら、電話くれる?)
M: Vale, entonces hasta luego. (わかった。じゃあ、あとでね)

hacer=do(する)、pues=then(じゃあ)、poder=can(〜できる)、llamar=call(呼ぶ、電話する)、llegar=arrive(着く)
valeは、O.Kと同じような感じで、分かったというときに使います。

Ella es todo para mí.

(読み:エリャ エス トド パラ ミ)
これは、もう分かりますね。
todoは英語でいうallで全て、全部という意味。
paraはforで、 para mí=for meで、私にとってとなります。
ここで、使われているのように、前置詞の後ろに来る代名詞を前置詞格人称代名詞といいますが、このyo(私)にあたると、tú(あなた)にあたるti以外は、通常の主語に用いられるél, ella, usted・・・と同じになります。
あと注意しなければいけないのがcon(=with)で、この時はconmigo、contigoと、特別な形になります。
例)(Yo)quiero vivir contigo.→君と暮らしたい。
  querer=欲しい、望む(want)。querer+動詞の原型で、〜したい。
例)Ella quiere venir a Japón con él.→彼女は彼と日本に来たがっている。
  venir=来る(come)。

Mi alma es fuerte cuando estoy cerca de ti.

(読み:ミ アルマ エス フエルテ クアンド エストイ セルカ デ ティ)
almaは英語でいうsoulで魂という意味。
fuerteは強い(strong)で、 mi carma es fuerteで、直訳すると私の魂は強い、となります。
cuandoは英語のwhenにあたり、estar cerca de=〜の側にいるなので、cuando (yo) estoy cerca de tiは、あなたの側にいる時、となります。
反対に、遠くにいると言う場合は、estar lejos deを使います。
Tú estás lejos de mi.→あなたが遠い。

Soy capaz de hacer cualquier cosa por ti.

(読み:ソイ カパス デ アセール クアルキエル コサ ポル ティ)
ser capaz de=be able toで、I am able to do whatever for you、あなたのためならどんなことでもできるわ。
という文です。映画の中で、母親が息子に言ったセリフです。
スペイン語にはwhatever, wherever, wheneverにあたる単語が1単語としてはなく、このcualquierを用いて
表現します。
例文を見てみましょう。

Puedes llamarme cualquier tiempo.(いつでも私に電話してね)
Podemos ir cualquier citio con el coche nuevo.(新しい車でどこにでも行けるよ)

Me encanta descubrir buenas cafeterías.

(読み:メ エンカンタ デスクブリール ブエナス カフェテリアス)
Me encantaは大好きという意味で、Me gustaより強い好きを表します。
好き=Me gusta, 大好き=Me gusta mucho または Me encantaですので、encantaにはmuchoはつけません。
gustarと同様に、主語にあたる私が目的語の形となり、好きの対象であるdescbrir buenas cafeteríasが文法上は主語となっています。
(gustar構文では、私があなたを好きという文を作るとき、あなたが私を好きにさせている、と好きの対象が動作の主のような形になります。)
例文を見てみましょう。

Me encantan las peliculas españolas.(スペイン映画が大好き→スペイン映画が私を好きにさせている。主語の映画が複数なので、動詞も3人称複数形になります。)
Te encanto (yo).(あなたは私を大好き。動詞は目的語の私の形を取って、encantoとなります。)
Le encanta cantar.(彼は歌うのが大好き。好きの対象に動詞を用いる場合は、必ず原型。)
Nos encantas (tú).(私達はあなたが大好き。動詞は目的語のあなたの形を取って、encantasとなります。)
Os encanta la comida española.(あなた達はスペイン料理が大好き。)
Les encanta Penelope Cruz.(彼らはペネロペが大好き。ペネロペはSheなので、動詞も3人称単数形になります。)

この構文は使い方に慣れれば、簡単です。
gustarと同様な使い方をされる単語、encantar, interesar, parecer等が出てきたときに、またチェックしましょう。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO